消化酵素と代謝酵素

酵素には3種類の酵素があります。

人間の体内にある酵素が消化酵素と代謝酵素、食物に含まれるのが食物酵素です。

では今回は人間の体内にある消化酵素と代謝酵素が体内でどのような働きをしているのか紹介したいと思います。

消化酵素の働きは

消化酵素の働きはその言葉どおり摂取した栄養素を体内で吸収しやすい状態に消化させる働きがあります。

デンプンを消化させる酵素はアミラーゼ、タンパク質を消化させる酵素はプロテアーゼ、脂肪を消化させる酵素はリパーゼと、それぞれ消化酵素には名称がついています。

消化酵素が働く事で消化分解された栄養素が小腸で吸収されエネルギーになります。

代謝酵素の働きは

代謝酵素は消化酵素の働きで作られたエネルギーを体内で働かせる働きがあります。

運動をする、呼吸をする、思考をする、老廃物を排出する、生きるために必要な活動は全て代謝酵素の働きによって成立しています。

消化酵素と代謝酵素の関係性

体内で使用できる酵素の量は決まっているので例えば消化酵素を使いすぎてしまうと代謝酵素が不足してしまいます。

またその逆もあります。病気などで代謝酵素を使いすぎると消化酵素が不足してしまいます。

風邪をひくと食欲がなくなる原因もそのためだと言われています。

とにかく体内の酵素自体が減少してしまうと消化が上手く行うことができず、摂取した栄養素をエネルギーに変えることができません。

そしてエネルギーが少なければそれを使って生命活動している代謝酵素にも支障が出てしまうため健康を損なうというわけです。

体内で2種類の酵素がどのような働きをしているのかを簡単に説明しました。どちらも生命を維持するために欠かせない働きをしています。

つまり体内で酵素が減少してしまうことがどれぐらいダメージがあることなのか理解して頂けたと思います。

酵素は加齢とともに体内で作られる量が減少してしまいます。

作ることができないのであれば食物酵素を摂取して、積極的に体内に酵素を取り入れるようにして下さい。